Suicide in Scotland

てきとうに書いていきます

アルコール

 2017年を迎えてから、なぜだか人と飲む機会が多くなった。取引先との華々しい出世街道を期待しながらの煌びやかな高級店での接待などではなく、ただ仲の良い上司と仕事終わりに飲み放題900円の安居酒屋でくだない話をするだけっだり、友人とは大人になったならではの夜の遊びをしていた。夜の遊びについては大学生のときから知っていればもっと元気はつらつなキャンパスライフを送ることができたのでは、と後悔が少なからずある。クラブなんかは人間の欲望が充満していて、端から他人の動物じみた求愛のダンスを見てるだけでも面白かった。
 
 いつもアルコールを入れると僕は笑い上戸になってしまう。あとから思い返してみるとくだらないことでも笑ってる。箸が落ちただけでも笑ってしまう。
 普段の僕はいつも泥で塗り被ったような仮面生きているという感覚ある。本当の自分と仮面の自分。僕からしたら、まあ本人であるし、どのような人間かは自覚することができる。けれども仮面の僕を見ている人は、一体僕にどういう人物像を描いているのだろうか、とたまに気になるけれども、すぐにどうでもよくなる。この世のすべてはどうでもいいことで埋めてくされているのだ。
 アルコールを飲んだ際にできる人格というのは何なのだろう。切れやすくなる人がいたり、急に泣き出してしまう子もいる。たまにアルコールに脳が汚染された人が酩酊状態のなかで作り上げた創作言語を叫ぶ 人もいる。酔ってるときは本能をさらけだしたときの状態である、なんてことを聞いたことあるけれども、はたしてあれってどうなんでしょうかね。アルコールなんてただのドラッグじゃないですか。それだったら麻薬とかでアッパーになってる人はその瞳孔が開きっぱなしで半開きの口の端から唾液が出ている姿が本性なんですか。

  どうしてかアルコールを飲むと、いままで具合が悪くて手も震えていたのに、急にしゃっきりとして楽しい気分になってしまう。まさかこれがアルコール中毒の前兆なのか。
 それでいて飲み会も楽しいまま終わり、「解散!」と幹事が手をたたいて全員バラバラな方角に消えっていった直後ではひどい自己嫌悪が襲ってくる。調子に乗って言ってはいけないこととか言ってないだろうか、振る舞いとかも周りから馬鹿にされてたんじゃないか、などといった負の感情が僕を急に襲ってくる。「なんかもう死にたい」と思い続けてしまうこともある。もうこうなると何も手につかなくなったりする。飲み会翌日だと何をする気も起きないし、タバコもまずい。酒に至っては飲む気にもなれない。一日中、スマートフォンで見たくもない動画を見続けて一日が終わる。飯は食べない。

 僕は飲み会は案外好きなのだけれも、行く度に鬱っぽくなってしまうので、あまり行かないほうがいいのかもしれない。